アジアと日本

アジアは世界の陸地の3分の1を占め48の国と地域からなっている。また人口は世界人口の60%を占めている。そして今や中国、インドを筆頭に経済成長が著しく今後も世界の注目を集め続ける地域であることは間違いない。

アジアというととかくタイ、ベトナム、インドネシアといった東南アジアを連想してしまうが、西はトルコも含まれるし、イラン、イラク、サウジアラビアといったいわゆる中東諸国もアジアに含まれるのはなんだか不思議だ。誰が決めたのか…。シルクロードのせいか?

中国、韓国は日本人に近い顔かたちをしているし、東南アジアあたりは何となく仲間、という感じがするけれど、サウジアラビアまで行ってしまうと顔かたちは全く違うし、言語、宗教などもとても受け入れられるものではないのに、同じアジアとしてくくられているのは不思議。

サッカーでこれら中東の強い国がアジアに入っているのは「ちょっと待ってよ」と思ったりする。最近はオーストラリアまでアジアに入ってるし。

ま、別に普段の生活に支障がないのだけれど、同じアジアだったらもっと仲良くして石油を安く融通しておくれ、と思ったりする。