生活習慣病は食生活で予防できるはずだ

最近「生活習慣病」という言葉をよく聞くようになりました。
読んで字のごとく、生活習慣が引き起こす病気なのだろうと想像は付きますが、具体的には、どんなことが原因で、どんな病気になるのでしょうか?
Yahooの百科事典で調べてみると、生活習慣病とは、「食生活」「飲酒」「運動不足」など、生活の中での習慣の関係が大きい病気のことだそうです。
そして、驚いたことに、昔は「成人病」と呼ばれていたのだそうです。
「成人病」の方が聞き覚えるのある病名なので、生活習慣病と成人病がイコールで結ばれると知り、驚きました。
それもそのはず、成人病を「生活習慣病」と改称したのは、1997年のことで、この病名になってからは割と歴史の浅いものでした。
生活習慣病には、ガン・心臓病・脳卒中の日本人の三大死因をはじめ、糖尿病、痛風、歯周病、肥満まで含まれるのだそうです。
これだけ病気を並べられると、歳をとれば、誰だってなる可能性があるのではないか?とも思えてしまいます。